Pickup!

Pickup!

2021/05/09

作品について(2021年)

 (作品コンセプト 2021年)


************

ひとが無意識に醸し出すその表情に、

真実が表れます。

私はその表情のいくつかをとらえ、

絵画していきます。


************

恨めしげ、戸惑い、哀しみ…

一見無表情に見えたあの表情こそ、

あの人の本心だったのではないか。

あの表情にあの人の本心が表現されていた。

その奇妙な体験は、私がひとの表情をテーマに描く動機の一端を今も担っています。

表情は語る。

表情から、その心を紐解く。

嘘のない表情に、私たちは救われ、

真に癒されていきます。


2021年5月 記 門倉直子

************

2021/05/08

連休の雑感

 

ゴールデンウィークも終わりを迎えます。

お元気にお過ごしでしょうか。

東京は緊急事態宣言が延長。

こもって制作する身としては、何か都合が良いような、わるいような。

ただいま、6月に長野県安曇野市の画廊バナナムーンで開催しますグループ展の準備の最中です。

欲張りなもので、個展が出来る程の作品を準備し、ここから出品したい作品を選び、ここで選ばなかった作品はどこで発表しようか、思案しています。発表の場所は、切実な問題です。


余計なことなど考えている場合ではありませんが、こんな時に限って『過去』の嫌なことが、よみがえって意識にまとわりついてきたりします。

しかもね、その情報が「向こうから」やって来たりするんです。不思議ですよ。

許して手放してしまえば良いのでしょうが、思い出す必要があるから、意識に上がってくるのでしょうし、情報もやって来る。

制作に活かせるのなら、この不快な感情すら、歓迎したいと思います。

爽やかな5月、楽しんでまいりましょう。











2021/04/22

リーフレットを作っています

 今年は東京では個展がない予定ですが、作品は制作しており、簡単なリーフレットを作ることにしました。まだ試作の段階ですが、たくさんの方に本の形で作品をお届け出来ればと思っております。

出来上がりましたら、よろしくお願い致します。





2021/04/10

過去作から近作まで



KaiFineArtさんのYouTubeチャンネル

門倉作品の過去作から最新作までをスライドショーにてご覧頂けます。(2008〜2021年)


(…我ながらつよい衝動のようなものを感じます)

制作年はランダムです。

作ってくださったひと、ありがとうございます。

2021/04/05

人生の指揮者たれ

 

正確には、

「人生の指揮者たれ!」

発破をかけるようなフレーズが浮かびました。

制作しながらのことです。

そしてオーケストラの音楽、あるいはピアノ協奏曲が頭の中で響きました。…高揚!

お客様とのコミッションワーク。試行錯誤を重ねふと湧いて来たイメージが、頂いていた「お題」にシンクロしました。それは私の人生に対しても、強いメッセージとして迫って来るものがありました。


「指揮者」

パネルに油彩、木炭

M10(530x455mm)

2021’

角度によって(日によって?)、微妙に表情が変化するように感じます?ニュートラルな表情が描けたという事でしょうか。

「私は、私の人生の指揮者だ。」

と決意していく心情を表現しました。







2021/04/03

ハロー、エイプリルフール

 

桜が咲き続けてくれています。なんと可愛い桜よ。今年は桜を愛でることができました。

昨年は疾病騒ぎで花見どころではありませんでした。不安だった気持ちを思い出します。

「春はどこへ行ったの」

「振り向けさくら」

作品に失った春を乗せて描いていました。


去年からそうでしたが、色々な事が、炙り出されている気がします。世界的にも個人的にも。

本質が露わになる、避けていた問題が明るみに出るという具合です。

長年「何となく嫌だ」と感じでいたことが「やっぱり嫌だ」と自覚しました。

うまみがあったから「嫌」にしがみついていたけれど、自分の心にウソはつけないものです。

無理をしてきたツケ。直感で感じている事は、何年経っても変わらなかった。そんな出来事が去年今年と、立て続けにあったのです。

人生の貴重な時間を無駄にしないために、あえて損を選んだほうが得というものです。

生き方、大事です。


そうそう、私淑のアーチスト?の方から、楽しいウソのプレゼントがありました。私にはニューヨークにアトリエがあるらしいです。コロナが落ち着いたら行ってみよう。


2021/03/30

春分の雑感

 春分、お彼岸の時期は何かしら事件があります。季節の変わり目、変化を強いられているようで、否応なく人生が迫ってきます。

病気知らずの私が今回体をこわして、40代のテーマは「健康」かも、と思いました。(本質的には「女性性」がテーマと推察していますが)

それぞれの年代にテーマがあって、20代は自我、30代はお金のことを考えていました。40代の今は健康がテーマというのは、自然な流れかも知れません。そして根底では人間関係、自分自身との関係、詰まる所「ひとの心」がテーマとして流れている感じでしょうか。

こうやって意味を見出していないと、ぼんやりして迷子になってしまいそうで。

制作、順調です。